静岡市の葵区の集合住宅でベランダ側の小さめの窓が割れたので対応して欲しいと連絡を頂きました。

珍しい外倒し窓でガラスはすりガラスでした。

窓ガラス、イメージです。 県営住宅でかなり窓枠自体が古く外倒し窓でガラスもすりガラスが仕様されていました。基本的には、作業になれば窓枠は外すことになります。ガラスの採寸は外さなくてもできることがほとんどなので、サイズとガラスの厚みとガラスの種類と取り付け作業などからお見積り金額を提示します。

すりガラスは、細かい砂で半透明ガラスに。

すりガラスは、細かい砂を特殊な装置で風といっしょに当て表面を半透明にみえる処理をしています。厚みによっては、和室の障子の一部や室内の扉や仕切り板(パーテション)の一部などに使われていることもあります。
すりガラスの特徴は水に濡らすと半透明だった見た目が少し透明に近づきます。他のフロストガラス・くもりガラスなどと区別がつけることができます。

見積もりまで無料でご案内します。

今はヒビが入っている状態とのことで、テープでガラスの形を保持している状態でした。とりあえず、お見積り金額を家族と相談してお返事を頂くことになりました。やはりガラスが割れた状態というのは住居者は危険です。こちらとしては、当日中に作業が完了できる場合は、その場で作業したいところです。

静岡県の窓ガラスの割れ替え、
見積もりまで無料でご案内します。